ふわり、その先へ

人生模索中の40代おひとりさまの写真と日々のつれづれブログ

【ご連絡】ブログ運営のご連絡 <更新 8/17>

【ブログ運営のご連絡】 <更新 8/17> 

「ふわり、その先へ」をご覧いただき、ありがとうございます♪

この度、7/19に「はてなブログ」から、「WordPress」に引っ越しましたのでご連絡します。今後は下記2つのブログで運営します♪

内容は今までと同様に「写真、旅行、食」などについて、私が「あ!これ、良いな♪」と思ったことを書きます。

ひとこと

昔、FC2ブログで6年間ブログを書いていたことがあります。と言っても、内輪向けでパスワード設定していましたので、今回、初公開ブログ&初「はてなブログ」へのトライでドキドキ・ワクワクしておりましたo(^-^)o 毎回新鮮でとても楽しかったです☆

はてなブログは、はてなスターはてブなど、面白い仕組みがありいいですよね♪ 特にはてなスターはブログを見ていただけたんだなと思うと、とても嬉しかったです(*^-^*) 絡んでいただいた方々、本当にどうもありがとうございました♪

 

引っ越し後も引き続き、みなさんの楽しいブログを購読する予定です(^^)
もしよろしければ、ゆるりとおつきあいいただけたら嬉しいです☆
どうぞよろしくお願いいたします(^-^)♪

f:id:fuwary:20170817132145g:plain f:id:fuwary:20170817132241g:plain

 

としまえん・2017年あじさい祭り

としまえん・2017年あじさい祭り

としまえんのあじさい祭りって、知ってますか?

梅雨時になると、「どこの紫陽花を見に行こうかな?」と探しつつ、結局近場の人があまり多くない公園に行っていました。

今年、初めて写真つながりの友人に教えてもらったのが、「としまえんのあじさい祭り」です。

遊園地で有名なあのとしまえんに、150品種1万株のあじさいが咲いてるんですって♪

f:id:fuwary:20170623122553j:plain

たった30分間のあじさい撮り

友人と「あじさい撮りをして、夜はマグロと日本酒を楽しもう♪」と約束をしました。もう、その日が待ち遠しくて待ち遠しくて(^^) 楽しみがあると、張り合いがありいいですね☆

しかし、、、思いっきり日にちを勘違いして明日だと思い込みカレンダーに記入していました。大失態(>_<)

そこから猛ダッシュ!!ひたすら謝り、電車に飛び乗る。4回乗り換えをしたけれど、ぼーぜんとしており、電車移動の間のことはほとんど覚えていません(^^;

到着したのは15:45。お店の予約の都合上、16:15にはとしまえんを出発しなければいけません。イムリミット30分前 m(..)m。

30分でもいいから紫陽花を撮りたい☆

 

遊園地休園日は入園料が500円☆

入園料は1,000円です。30分で1,000円!

と思ったら、チケットを購入すると、なぜか500円でした☆
水・木曜日は遊園地の休園日で、入場料が半額の500円になるんですって!! これはありがたい(^o^)/

あじさい園を案内してもらい、サササッと撮りました。時折、木漏れ日がさして、いい感じ☆

f:id:fuwary:20170623111528j:plain

いろんな種類のあじさいが点々と植えられていて、楽しいです♪ おまけに平日だからか人も少なく、すごく撮りやすい☆

f:id:fuwary:20170623111539j:plain

いいですよ~。穴場です♪ とても素敵なあじさいスポットを教えてもらったなぁと思いました。ありがたいです☆

お祭り期間中の土・日曜日の17:00~19:30は「あじさいナイト」というライトアップイベントもあるそうです☆ 夜のあじさいってどんなだろう~(*^-^*) おまけに入園料は300円!!

もう蚊が飛んでいましたので、虫よけスプレーを持って、お近くの方はぜひお出かけくださいませ(^^)♪

f:id:fuwary:20170623115700j:plain

開催期間と入園料

開催期間 2017年5月27日(土)~6月30日(金)
※毎週火・水曜日は遊園地休園日
※あじさい園・あじさい茶屋は遊園地休園日も営業
営業時間 10:00~17:00
※あじさいナイト開催日は19:30まで
入園料 あじさい園はとしまえん入園料のみでご覧になれます。
・大人(中学生以上) 1,000円
・子供(3才~小学生) 500円
・50才以上の方 500円
遊園地休園日(毎週火・水曜日)
・大人・子供とも 500円
※あじさい園・あじさい茶屋のみ営業
あじさいナイト開催日 ※雨天中止
6月3日(土)~25日(日)の土・日曜日 17:00~19:30
・大人・子供とも 300円
その他お得な情報も↓
あじさい祭り期間中に「豊島園 庭の湯」をご利用の方には入園割引券(1,000円→400円/6月末まで有効)をお配りいたします。

※「交通アクセス」やその他詳細情報は、「第15回 としまえん あじさい祭り |水と緑の遊園地 としまえん」サイトでご確認くださいませ。

 

あじさい園マップ

こんな風に細長い通路があり、両脇にあじさいが咲いています。

道なりにぐるりと回れます。

 

f:id:fuwary:20170623120141j:plain

引用:あじさい園マップ |水と緑の遊園地 としまえん

 

 

2016年5月・富山グルメツアー♪ 2日目

 

レンタカーを借りてドライブ♪

ホテルの朝食を我慢し、9時にレンタカー屋へ行き2台に分乗しドライブ~♪

なぜか農道へ(^^) Googleナビ先生ったら、お茶目さん。でもおかげで、初めて小麦畑を見ることができました☆

f:id:fuwary:20170621234622j:plain

 

新湊大橋を渡る。ここ渡ってみたかったのだ♪
1人旅じゃぁ、ここは渡れません。運転してくれた2人に感謝(^o^)

f:id:fuwary:20170621234649j:plain

f:id:fuwary:20170621234701j:plain

 

きっときと市場で特選海鮮丼を食べる

9:38、きっときと市場に到着(^o^)/

f:id:fuwary:20170621234750j:plain

 

きっときと市場です。イートインスペースがあったり、お魚や、お土産などの販売コーナーがありました。

f:id:fuwary:20170621235049j:plain

ダイオウイカ!!想像以上に大きくてビックリしました(^^)

f:id:fuwary:20170621234944j:plain

 

いざ朝食!ここで海鮮丼を食べるため、ホテルの朝食は我慢していたのでした。

特選海鮮丼にしましたよ♪ ひゃー(^o^)/

f:id:fuwary:20170621234828j:plain

窓側を占領し、青い空を見ながら食べる朝食。なんて気持ちのいい朝なんでしょう♪

では、お腹もいっぱいになったところで、海に行こう~(^o^)/

 

雨晴海岸の青い空と青い海。ジャンプ部発足♪

雨晴海岸。行ってみたかったんですよ~!

駐車場に車をとめて、真っ先に目に飛び込んで来たのは、青い空と青い海と赤い何か。その赤い何かにいたのはワンコでした♪ ふふ。飼い主を待ってるもよう。かわいい♪

f:id:fuwary:20170622002047j:plain

f:id:fuwary:20170622002118j:plain

あ、見つかっちゃった(^^)

 

まずは思い思いに散策♪ 踏切ってなんかいいですねぇ。。哀愁を感じます。

f:id:fuwary:20170622002304j:plain

 

両側に黄色いお花。踏切。あっちゃこっちゃ向いてる標識。その先に海。

あぁ、いいな♪

f:id:fuwary:20170622000328j:plain

 

海~(^o^)/ 

なんてキレイな青い空・海・砂浜なんでしょう~☆ 気持ちいい(^o^)

f:id:fuwary:20170622000821j:plain

 

普段使わないパノラマモードで撮りたくなる光景。

なんて広々として気持ちいんでしょう~♪

f:id:fuwary:20170622001111j:plain

f:id:fuwary:20170622002657j:plain

f:id:fuwary:20170622001218j:plain

小さなカニさんがいました♪ 砂と同化してわからな~い(^^)

 

子どもたちが砂でつくったお山と防波堤。しかし、あっという間に、波にさらわれていきました(^^;

f:id:fuwary:20170622000633j:plain

 

海水も透明でキレイ。海藻がたくさん打ち上げられてます(^^)

f:id:fuwary:20170622001743j:plain

 

何にもないんです。何にもないのがいい。

f:id:fuwary:20170622001857j:plain

 

前日、私のカメラの連写機能を初めて使ったのですよ。友達がジャンプするのを撮ったら楽しくて♪

「じゃぁ、今日はみんなで飛ぶ?飛んじゃう?」

と、飛んだらめっちゃ楽しくてずっと笑ってた♪♪

f:id:fuwary:20170622004502j:plain

このあと、全員で飛びました!アラサーからアラフィフまで、みんな結構やるなぁ(^^)「富山の想い出=ジャンプ♪」かも☆

そろそろ移動しなきゃね。写真愛好家さんが撮ったこの島が美しくて、撮ってみたかったのですがタイムアウトで車内から(^^; また今度、朝焼けを撮りに行こう。

f:id:fuwary:20170621235953j:plain

 

きっときと市場に戻ってお魚を食べる

ちょっと中途半端な時間の14時。また、きっときと市場へ舞い戻り、夜ご飯に備えて各自市場で好きなものを「軽く」食べましょう。

鯖とあじをその場でさばいてもらい、友達とシェア。
新鮮なお魚、うみゃすぎる(*^-^*)

f:id:fuwary:20170622010349j:plain

美味しいお刺身って、ぜんぜん飽きませんねぇ。富山のお魚、ほんと美味しい。富山に住もうかしら?

 

世界一のスタバでまったり富山を振り返る

16時前、ギリギリまで観光。ちょっとお茶したいよね。世界一のスタバに行こう!

f:id:fuwary:20170622010700j:plain

スマホかつ、ピンぼけ失礼します。

 

夕方近くなのに駐車場待ち。。富山の人たちがみんなここに集中しちゃってる?フラダンスのイベントがあったらしく、そのせいかな。

中に入ると、とっても広くてキレイ。飲み物を買ってゆっくりしたかったのですが、飲み物を買いに行く人たちの長蛇の列。飲み物はあきらめました(^^;

でも芝生に座ってぼーっとしているだけで、癒やされて居心地のいい場所でした。

 

16時半頃にレンタカーを返却。さぁ、最後の宴が待ってます。急げっ!

 

吟魚で宴会

友達の知り合いがオススメの「吟魚」へ。こちらも人気店らしく予約済み。

19時11分発の新幹線(かがやき514号)で帰るので、17時から18時半、短時間勝負☆

f:id:fuwary:20170622011440j:plain

お刺身盛り合わせが、美味しいのなんのって!!
美味しそうに撮れてないのが残念ですが、間違いないですね♪

f:id:fuwary:20170622011537j:plain

↓友達のSONY RXなんちゃらで撮った写真を拝借。実物はこんな感じです☆

f:id:fuwary:20170622011705j:plain

 

初めて食べた「ゲンゲ」の唐揚げ♪ 美味しかったです☆揚げ具合も絶妙!
こちらも友達の写真を拝借

f:id:fuwary:20170622011817j:plain

 

とろんとろんの白子。大人気☆

f:id:fuwary:20170622012015j:plain

 

中身の濃い濃い美味しい時間でした。
ここ、本当にオススメです。日本酒の品揃えも良く、富山に行ったら、絶対にまた行きたい!!今度はゆっくり♪

 

駆け足で富山駅へ。

富山駅前は、車庫状態のような感じで、いろんな電車が走ってておもしろいな☆ 鉄っちゃんじゃなくても、かっこよかったり、かわいかったり、レトロな車両を見ると、思わず笑顔になりますね(^^)

f:id:fuwary:20170622012225j:plain

 

最後に

富山はいろんな電車が走っていて、便利だなぁと思いました。1人旅でもある程度、動けそうです。

キレイな海を見に行ったり、あっちもこっちもという場合は、車が便利ですね♪ 大橋を通りたかったので、希望が叶いHappy☆でした。

景色はキレイだし、街のゆったりとした雰囲気もいい(*^-^*) お魚は何を食べても美味しいし、日本酒も私好みがたくさんあって最高!まだまだ行きたいお店もたくさんありました♪ 時間が足りない。。。

Good-bye! 富山☆ またいつか必ず!!

 

***

この旅行の1ヶ月後、大切な友が突然旅立ちました。
吟魚で、隣で笑って一緒に食べていたのに、この旅行が最後となってしまいました。
面倒見が良くて子どもが大好きで、写真のことを教えてもらったり、私の転機の時には「わかるよ。。」と言ってくれた人の痛みがわかるとても優しい人でした。
「ありがとう。」と、その都度ことばにして伝えてきたつもりだけれど、まだまだ全然言い足りなかった。。

最期のお別れには、遠方からも仲間が集まりました。悲しくて悲しくて、ただただ悲しくて悔しくて。。

あれから1年。出会ったきっかけとなったアーティストの曲をかけながら、この2日間、友達のことを考えていました。いまごろ天国で好きな写真を撮ったり、カラオケで歌を歌っているだろうか。

友達が写真とともに子どもたちのことをつづった膨大なブログを読んでいました。胸がいっぱいになるくらいの大きな愛がそこにたくさんつまっていました。

今まで本当にありがとう。私も大切な友達との時間を忘れないようにここに記します。

f:id:fuwary:20170622021333j:plain

Copyright © 2017 ふわり、その先へ All rights reserved.