読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふわり、その先へ

人生模索中の40代おひとりさまの写真と日々のつれづれブログ

お花見の後は、やっぱりおいしい日本酒とお刺身で♪

まずは泡で☆

毎年、20年来の仲間とお花見をしています。
今年はあいにく天候やら何やらでタイミングが合わず、仲間とのお花見はできませんでしたが、その内の1人としっぽりお花見をすることができました(^^)

小一時間ほどお花見散歩をした後なので、体もぽかぽかしていい感じ♪
「最初はビールと泡どっちにする?」
と聞かれましたが、最近、彼女はビールが苦手と言っていたのを思い出し、泡に決定!
すっごくおいしそ~(^o^)/

f:id:fuwary:20170411022916j:plain

しずる感、出ちゃってます♪

f:id:fuwary:20170411022937j:plain

おされなおつまみ♪ 柿とバターですって。

f:id:fuwary:20170411023140j:plain

お手製の豚バラと大根の煮物☆
薄味で、大根に均等に味がしみこんでいて、豚バラはお箸でほろりと崩れ、本当に美味しかったです♪
もてなそうとしてくれている気持ちが伝わり嬉しくて、なお美味しく感じました(*^^*)

f:id:fuwary:20170411023425j:plain

次に、メインの日本酒とお刺身を☆

待ってました~(^o^)/
春に合わせて買ったという和歌山県の「紀土(きっど) 純米吟醸 春ノ薫風」です。

f:id:fuwary:20170411024104j:plain

やや甘みを感じる優しい味わい。そしてほんのりフルーティーな香りがし、そのあとは、普段の紀土ほどスッキリ!スパッとは切れませんが少し時間をかけた後はきれいに切れて、バランスが良くて美味しいっ♪
おつまみいらずでゆるゆると飲みたい感じです(^^)


日本酒ときたらお刺身♪ これがないと、始まりませんっ☆

f:id:fuwary:20170411024447j:plain

新鮮なお刺身をいただきながら、くぴり♪ あぁ~、幸せ(*^o^*)
このために生きています!!

お刺身にはさらっとした口当たりでキレがいい日本酒が合うと思っているので、お店でいただく時は、福井県の伝心とかを合わせることが多いです。相性抜群なんだな☆
今回の紀土はやや甘めなので、しっかりお刺身がなくなってから飲むという感じで楽しんでいました。

そしたら、
「う~ん、美味しいんだけどお刺身にはもっとすっきりした方がいいな♪」
と、彼女が言い出したので、
「お、同じ意見!じゃぁ、お言葉に甘えてお願いします♪」
と、八海山も出してもらうことにしました(^^)

f:id:fuwary:20170411025215j:plain

「ですね!やっぱり、お刺身にはこっちだね!」
と、納得な2人でした(^^) 味覚が似ていると、とても楽だし楽しいですね♪
ニコニコHappy Timeを過ごしていたら、
「お誕生日、おめでとう(^o^)」
と、すっごくかっこいいモダン切子をいただきました☆☆☆
ここ数年、誕生日には切子のお猪口をいただいてるのです(T_T)うぅ、嬉しすぎ。。。

f:id:fuwary:20170411030339j:plain

このデザイン、めっちゃカッコイイ!!均一に並んだカットではなくて、正面から見たり、ちょっと回してみたりすると、がらりと雰囲気が変わるんです☆
そして、お猪口自体の形も変わってて、洗練されてる!!
いやぁ、これはやられました(*^^*)しばらくくるくる回したり、ライトに照らしてテーブルに光の跡をうつしたりして、遊びました♪


この後は、帰宅した旦那様と3人で筍ご飯を食べたり、おつまみをつまみながら、人生や、仕事や(^^;、いろんなお話しして、楽しく過ごしました。
人生の先輩方のお話し、それも私を思ってくれて♪のことばは心にしみました。。。
こういう人たちがいることを本当にありがたいなぁと思います。出会いに感謝です。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

除菌もできる台所用液体石鹸を作りました♪

台所用液体石鹸を作りたい♪

と、前からひそかに思っていました。
ちょうどミヨシ石鹸の「無添加食器洗いせっけん」がなくなったので、今だわ♪と、いろんなレシピをググってみました。

興味があったのは、「とろとろせっけん」というもの。
おもしろいネーミングにひかれたのもありますが(^^)、なんてったって体に優しい!そして材料も作り方もシンプルだから~☆

他にもググると、似たような感じでアレンジ?して除菌効果も加えた液体せっけんのレシピを発見☆紅茶の出がらしを使うんですって(^o^)
ちょうど、今朝紅茶を飲んだので、どっこらしょっと重い腰をあげて作りました♪

太陽油脂さんの製品はいろいろ使っていますが、粉せっけんを買ったのは初めて。箱を開けると組み立て式の紙カップが入っていて、こういうエコな取り組みも素敵だなぁ~と思いました(^^)

f:id:fuwary:20170409132400j:plain

材料

  • 粉せっけん:30g(太陽油脂のパックスナチュロンにしました)
  • 紅茶の出がらし:150cc
  • 柑橘系精油:10滴(グレープフルーツにしました)
  • 容器:ミヨシ食器洗いせっけん(370ml)を入れていたもの

f:id:fuwary:20170409132319j:plain

作り方

1. 粉せっけんの量を計る。
 箱に書かれている使用量の目安を見ると、付属の紙カップの半分まで入れたら35gってことらしいので、半分まで入れました。

f:id:fuwary:20170409134306j:plain

2. 容器の中へ粉石けんを入れる。

3. 出がらしの紅茶を”2"に入れる。

4. 3をシャカシャカ♪振る。
 泡だってきました!もしかしたら振らないでお箸とかで混ぜた方がいいのかもです。

f:id:fuwary:20170409134700j:plain

5. 粗熱がとれたら精油を入れて、シャカシャカ振って完成!

370ml入りの容器のちょうど半分くらいになりました。
次はこのレシピを倍にすれば、ちょうどいいようですね(^^)v
容器の外から押すと、ちょっととろんとした感じです。
f:id:fuwary:20170409135020j:plain

洗った感想

まずは、見た目。

  • とろみ:作った直後のとろんとした感じよりも、液状になっていました
  • 香り:ふわりとグレープフルーツの香りがしていい感じ♪
  • 色:紅茶の色=茶色なので、汚れ具合がちとわかりにくいかも(^^;

f:id:fuwary:20170411013511j:plain

いざ、洗います!
わしゃわしゃ♪と泡立ててから使います。上の写真の量だと泡立ちが悪かったので、倍くらいの量に追加しました。

f:id:fuwary:20170411013646j:plain

洗い上がりはすっきり!やっぱり純粋なせっけんはいいですね~。
コスパ的にもお得♪ 今までの食器洗いせっけんは約130円(370ml詰め替え)を使用していましたが、今回は粉石けんが578円(1kg)の内まだ30gしか使用していないので。精油はあってもなくてもどちらでもいいかな。。使わなければ安くすみますね♪

使い心地など、変化があれば、また追記します(^^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代一人暮らしへ

【写真】2017年お花見散歩「葛西用水親水水路と葛西用水桜通りの桜」

葛西用水親水水路と葛西用水桜通りの桜並木へ

2017年最初のお花見散歩は、亀有駅・北口からスタート♪
水路沿いにはソメイヨシノや大島桜が植えられていて、途中で水車があったり、レトロな橋がかかっていたり、てくてく散歩するのはとても楽しい♪

f:id:fuwary:20170407142540j:plain

f:id:fuwary:20170407142428j:plain

f:id:fuwary:20170407142513j:plain

環七通り下の歩行者用トンネルをくぐると、塔が建っています。
この階段をのぼる途中に、できるだけ外の景色を見ない様にしながらのぼると・・・

f:id:fuwary:20170407143003j:plain



じゃーん!一面の桜並木が見下ろせるんです~(*^o^*)すごーい!!
うほ~♪こりゃ、壮観です(^o^)/
ず~っと先の方まで、桜。桜。桜。くーっ、たまらん。

f:id:fuwary:20170407142611j:plain

f:id:fuwary:20170407142649j:plain


桜とお水の組み合わせって、優しくて美しいですね☆

f:id:fuwary:20170407142804j:plain

f:id:fuwary:20170407143242j:plain

f:id:fuwary:20170407143304j:plain


地元の人には当たり前の場所でも、よその人には一生知らずに終わってしまうかもしれない桜に会えて、とても嬉しかったです。
連れて行ってくれたお友達に感謝☆
日曜日にはお祭りがあるそうですよ♪お近くの方はいかがでしょうか(^^)

f:id:fuwary:20170407143648j:plain

<ご参考>
足立区サイト:足立区/葛西用水親水水路

 

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代一人暮らしへ

Copyright © 2017 ふわり、その先へ All rights reserved.