ふわり、その先へ

人生模索中の40代おひとりさまの写真と日々のつれづれブログ

2017年お花見散歩 多摩川夢の桜街道「71番 福生多摩川堤防」

多摩川夢の桜街道「71番 福生多摩川堤防」へ

多摩川夢の桜街道サイトで知った「71番 福生多摩川堤防」は、多摩川の堤防沿いに2.5kmにわたって続く桜並木があるとのこと。「これは行くしかないでしょ♪」と、お花見散歩に出かけてきました。

JR青梅線 牛浜駅・西口からスタート♪ 牛浜駅は初耳&初下車です。スマホを頼りに、てくてく歩くと「牛浜」交差点が見えてきました。

f:id:fuwary:20170416002125j:plain

そこから「多摩川中央公園」方面を目指して南下。道路沿いの桜や、目的地付近と思われる桜が遠くに見えてきて、わくわくしてきますo(^-^)o

f:id:fuwary:20170416002130j:plain

そろそろ多摩川中央公園かな♪と、頭上の道路標識を見ると、その手前に「桜並木」という文字を発見。

f:id:fuwary:20170416002214j:plain

住宅街にある桜並木

すると、この両側に通りが1つあり、素敵な桜並木が(^o^)/
この時点で9時くらい。朝のキラキラした光を浴びて、薄ピンク色の桜がいっそう輝いて見えました☆

f:id:fuwary:20170416002244j:plain

「会いたかったよ~(*^o^*)」
この桜に会いたくて、どれだけ楽しみにしてきたことか♪ かわいいなぁ。デレデレ。

f:id:fuwary:20170416002419j:plain

ちょうど満開だったので、風が吹く度に花びらがはらはら♪と散ります。
朝陽を浴びて散る花びらがとても美しくて、はぁ~と、ため息がでました(^^)

f:id:fuwary:20170416002443j:plain

逆光大好き☆花びらが一部透けて見えますね(^^)♪
「いい時に来られたなぁ。」と、嬉しさを味わいながら東方面にてくてく。

f:id:fuwary:20170416002455j:plain

 

多摩川堤防を歩くと、たくさんの桜と桜吹雪が迎えてくれました。
「さくら舞い散る中に忘れた記憶と~君の声が戻ってくる~♪」
と思わず口ずさんでしまった光景です。夢のような世界、しばらくぼ~っと見とれてました(*^-^*)

f:id:fuwary:20170416002545j:plain

 

ここは白っぽい桜が多めで、これもまた美しいなぁと。
※ホワイトバランスで少し薄紫色に変えて撮っています。

f:id:fuwary:20170416002637j:plain

 

堤防を歩いていると、線路(たぶんJR五日市線)が見えてきてちょうど電車が通ったので、慌てて撮りました。が、鉄っちゃんじゃないので、にわかで撮ると全然ですね(^^;

f:id:fuwary:20170416013944j:plain

絶景ポイント!!

この線路をくぐってからの景色がものすごかったです!!!
ず~っと続く満開の桜並木。想像以上の迫力☆☆☆
すごすぎだわぁと絶句していたら、どこぞのおじちゃんも「すごいねぇ~!!」って話しかけてきて、「すごいですねぇ~(^o^)」って、お互いニッコリ。

f:id:fuwary:20170416002723j:plain


「どうやってこの桜を楽しもうかな♪」と上から下から眺めていたら、園児たちが、先生に連れられて散歩していて、「なんて幸せな光景なんだろう~(*^^*)」と、目を細めてしまいました。先生が引っ張られてる?のもおかしかったです(^^)

f:id:fuwary:20170416002736j:plain


大きな桜の木の下で。
桜の包容力と吹き抜ける風と太陽のあたたかさを、からだ全部で感じて深呼吸~♪
すると、頭のてっぺんからつま先に向かって何かがす~っと流れてゆき、余計なものが全部抜けていくような感じがしたのです。すごく不思議な感覚でした☆

その瞬間、「ありがとう」って、するりと感謝の気持ちが湧き上がってきました。何に対してのありがとうなのかよくわからなかったのですが、桜や自然やみんなにかなぁ(*^^*)

f:id:fuwary:20170416002802j:plain


見上げると水色の空と薄ピンク色の桜とキラキラの光☆大好きだぁ。

f:id:fuwary:20170416002749j:plain


ひっそりと足元で咲いていたスノーフレーク。ベルみたいでかわいい♪

f:id:fuwary:20170416002834j:plain

おススメですっ☆

帰宅後に住景探訪サイトを見たら、正式ルートは「福生駅」からスタートし睦橋通りまでのようですね(^^;)

私は「牛浜駅」から歩いて多摩川をめざし、そこから東へという短縮?ルートを歩きました。駅から10分くらいでまず住宅街にある桜並木に会え、そこからすぐ堤防沿いのてんこもりの桜並木に会え、「山、川、桜、青空、広い広い空間」という絶景を堪能することができました。

スケールが違いますねぇ♪ 大自然なので、ごちゃごちゃも、ゴミゴミもしてません。ゆっくりただ桜を愛でる、自分のペースで好きなように桜並木を歩くには最高だなぁと思いました(^^)ストレス一切なし。ストレスなしどころか、からだの中の悪い気を全部吸い取ってくれたような気さえしました。体が楽でしょうがなかったです。

一度訪れてみてはいかがでしょうか♪

おまけ

昨年まではこんな風に、大好きな桜を見に行きたいときに行けないもどかしさがいっぱいで、悲しくて悔しかったことを思い出しました。なので、今回、初めて訪れたこの場所で花びらをはらはらと散らせながら、美しく咲いている桜を見て、今日来られて本当に良かったなって思いました。

それと同時に、働いていたり、学校に行ってたり、いろんな理由でお昼間にこの美しい桜を見られない友達にすごく見せてあげたい!と思いました。だから、みんなに「届け♪」という思いで桜を撮りました。こんな気持ちで桜を撮ったのは初めてです(*^^*)

みなさまにも、届くといいな♪

おまけ2

今回、桜と日本酒の蔵元「石川酒造」さんを訪ねる予定でいましたが、あまりに桜が美しくて楽しくてずんずん歩いてしまい、いつの間にか睦橋通りを超えてしまいました。この通りで左折すればもう1つの目的「石川酒造」に行けたようなのです(^^;

途中でベンチで休んだ時にグーグルマップを見たら、ずいぶん行きすぎてしまったことがわかり、もうどうせならと16号にぶち当たる所まで歩き、帰りは昭島駅から帰宅しました。しっかり足が棒になりお腹は減ってヘロヘロ。帰宅後のご飯が美味しかったのは言うまでもありません(^^)(合計 17,456歩)

<参考サイト>

多摩川 夢の桜街道 | 71番 福生多摩川堤防

佳景探訪 - 福生/多摩川堤防桜並木 (東京都福生市)

 

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

2017年お花見散歩で参考にした「多摩川 夢の桜街道」サイトが素晴らしい☆

多摩川 夢の桜街道」サイトを知ったきっかけ

私は自然が大好きなので、長年、多摩川まで歩ける距離に住んでいましたが、昨年引っ越しかなり北上したため、こっちでお花見をするのは初めてで、あいにく全然情報がありませんでした(;_;)
「今年も多摩川沿いの『今まさに見頃!な桜』が見たいよ~(>_<)」
と、Google先生に尋ねて見つけたのが「多摩川 夢の桜街道」です。美しい多摩川フォーラム事務局が運営しているようです。

f:id:fuwary:20170414120357j:plain

4つのエリアに分けられているのがGood!

多摩川は全長138kmの一級河川で、多摩川沿いの桜♪と言っても、
「これって、どこらへんの多摩川沿い?」
ってところから情報を探すのがなかなか大変なんですよね(^^; 日が暮れる。。。

それが、多摩川沿いの桜情報がまず大きく4つのエリアで分けられていて、そこから探せるんです♪素晴らしい~(^o^)/

  1. 下流域エリア
  2. 中流域南エリア
  3. 中流域北エリア
  4. 上流域エリア

開花情報がそこそこタイムリーに載っているのがGood!

それも一番知りたい開花情報がそこそこイムリーに載っていて、素晴らしい~(^o^)/
知りたいのは、これよこれ♪
多摩川 夢の桜街道 | 開花情報

最初に桜の開花情報のおおよその目安として、区分についても明記しているところも素晴らしい☆たとえば「満開」って言っても、人によって感覚が違いますもんね。

  1. つぼみ(つぼみで開花していない状態)
  2. 開花(一分から二分咲きの状態)
  3. 五分咲き(五分咲きの状態)
  4. 満開(八分咲きから二分散りの状態)
  5. 散り桜(三分散りから五分散りの状態)
  6. 葉桜(葉桜の状態)

基本コンセプトが「桜に願いを!夢を叶える桜街道・八十八ヵ所巡り」なのもGood!

基本コンセプトが「桜に願いを!夢を叶える桜街道・八十八ヵ所巡り」っていうのも乙女心をくすぐるじゃぁ、ありませんか(^^)☆
ただ桜を見るだけじゃなくて、お遍路さんみたいに目的があると一石二鳥!で、更に楽しくなっちゃいますよね♪(単純なもので)

願いごとをたずさえてめぐる巡礼のように、多摩川流域

にある桜の名所を「多摩川夢の桜街道・八十八ヵ所」と

して選定し、願いごとをたずさえて桜を鑑賞する楽しみ

方を提案します。また、この取り組みでは、単に桜の名

所に足を運ぶだけでなく、周辺のスポットにも立ち寄る

コースを提案して、地域の皆様に多摩エリアの魅力の再

発見を促し、観光面からの経済効果を狙っております。

なるほど!周辺のスポットにも立ち寄ってもらいたいのですね☆
確かに、これを参考にして酒蔵にも立ち寄るつもりで計画しました(^^) 残念ながら、桜に夢中になりすぎて、目的地を大幅にオーバーしてしまい足が棒になったので、次回に持ち越しとなりましたが(^^; またこの情報をもとに歩いて今度こそは酒蔵に寄ろうと思っています♪

「さて、次はどこへ行こうかな♪」
と、サイトを見ながら妄想するのもいとおかし(*^^*)

次回、「71番 福生多摩川堤防」のお花見写真をアップします。
では、また♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代一人暮らしへ

お花見の後は、やっぱりおいしい日本酒とお刺身で♪

まずは泡で☆

毎年、20年来の仲間とお花見をしています。
今年はあいにく天候やら何やらでタイミングが合わず、仲間とのお花見はできませんでしたが、その内の1人としっぽりお花見をすることができました(^^)

小一時間ほどお花見散歩をした後なので、体もぽかぽかしていい感じ♪
「最初はビールと泡どっちにする?」
と聞かれましたが、最近、彼女はビールが苦手と言っていたのを思い出し、泡に決定!
すっごくおいしそ~(^o^)/

f:id:fuwary:20170411022916j:plain

しずる感、出ちゃってます♪

f:id:fuwary:20170411022937j:plain

おされなおつまみ♪ 柿とバターですって。

f:id:fuwary:20170411023140j:plain

お手製の豚バラと大根の煮物☆
薄味で、大根に均等に味がしみこんでいて、豚バラはお箸でほろりと崩れ、本当に美味しかったです♪
もてなそうとしてくれている気持ちが伝わり嬉しくて、なお美味しく感じました(*^^*)

f:id:fuwary:20170411023425j:plain

次に、メインの日本酒とお刺身を☆

待ってました~(^o^)/
春に合わせて買ったという和歌山県の「紀土(きっど) 純米吟醸 春ノ薫風」です。

f:id:fuwary:20170411024104j:plain

やや甘みを感じる優しい味わい。そしてほんのりフルーティーな香りがし、そのあとは、普段の紀土ほどスッキリ!スパッとは切れませんが少し時間をかけた後はきれいに切れて、バランスが良くて美味しいっ♪
おつまみいらずでゆるゆると飲みたい感じです(^^)


日本酒ときたらお刺身♪ これがないと、始まりませんっ☆

f:id:fuwary:20170411024447j:plain

新鮮なお刺身をいただきながら、くぴり♪ あぁ~、幸せ(*^o^*)
このために生きています!!

お刺身にはさらっとした口当たりでキレがいい日本酒が合うと思っているので、お店でいただく時は、福井県の伝心とかを合わせることが多いです。相性抜群なんだな☆
今回の紀土はやや甘めなので、しっかりお刺身がなくなってから飲むという感じで楽しんでいました。

そしたら、
「う~ん、美味しいんだけどお刺身にはもっとすっきりした方がいいな♪」
と、彼女が言い出したので、
「お、同じ意見!じゃぁ、お言葉に甘えてお願いします♪」
と、八海山も出してもらうことにしました(^^)

f:id:fuwary:20170411025215j:plain

「ですね!やっぱり、お刺身にはこっちだね!」
と、納得な2人でした(^^) 味覚が似ていると、とても楽だし楽しいですね♪
ニコニコHappy Timeを過ごしていたら、
「お誕生日、おめでとう(^o^)」
と、すっごくかっこいいモダン切子をいただきました☆☆☆
ここ数年、誕生日には切子のお猪口をいただいてるのです(T_T)うぅ、嬉しすぎ。。。

f:id:fuwary:20170411030339j:plain

このデザイン、めっちゃカッコイイ!!均一に並んだカットではなくて、正面から見たり、ちょっと回してみたりすると、がらりと雰囲気が変わるんです☆
そして、お猪口自体の形も変わってて、洗練されてる!!
いやぁ、これはやられました(*^^*)しばらくくるくる回したり、ライトに照らしてテーブルに光の跡をうつしたりして、遊びました♪


この後は、帰宅した旦那様と3人で筍ご飯を食べたり、おつまみをつまみながら、人生や、仕事や(^^;、いろんなお話しして、楽しく過ごしました。
人生の先輩方のお話し、それも私を思ってくれて♪のことばは心にしみました。。。
こういう人たちがいることを本当にありがたいなぁと思います。出会いに感謝です。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

Copyright © 2017 ふわり、その先へ All rights reserved.